35年を過ぎてから体調不良をもらい、なんとか倒れて緊急愛車で運ばれた僕

産後は思い切り慣習が変わるという話を聞きます。そうして女性は35歳を過ぎてから変調が生まれるって周りの客人が口をそろえて言っていました。その言葉通り、出産してしばし単に35歳を一区切りに、眩暈・動悸・息切れ・不眠症・冷え・頭痛・肩こり・腰痛・乳房の痛みとはりを感じるようになりました。そうしてきちんとその時、サイクル性の凄い眩暈で道端で倒れ、立ち上がれなくなって緊急愛車で運ばれてしまいました。1ウィーク安寧を強いられ、意気込み悪くて料理はできず、ぐるぐる回っているので眠れず、歩けないなどの辛い見聞きをしました。このままでは将来重病を患って仕舞う。小さい児童がいるのでいよいよ健康でなければならない。そんなに心に決め、慣習修繕を目指しました。まず最初に客人の紹介で漢方を賄う薬舗へ行きました。私の人体は「やっぱり冷えていて(25都度くらいでも寒いと感じる時があります。)、血行がわるく、また重荷を感じやすい人体」と言われました。手駒の冷えは10代の時からありましたので、元々の慣習なのかもしれませんが、やっぱ人体を暖めることを始めました。それではエクササイズ。近くにはやはり足取りか自転車を使用しました。そうして5時勤めた内勤を中心とする売り買いを終わり、現在は体を動かす商いへ変更しました。お風呂は半身浴で1瞬間つかり、軽々しいストレッチング。10月頃からカイロを使用し、眠るときは湯たんぽを行動。ここも私の人体は冷えていました。そのため料理にも気を付けるようにしました。それではお米を玄米に変え、甘いものを外し野菜を多めに奪い取りました。タンパク質は肉よりも大豆から取り去るみたい勤しみ、飲物は冷えたものではなく、常温で潤い供給しました。長期冷え切った人体ですのでここまでやってもそれほど移り変わるものではありませんが、悪化しないみたい現状維持積み重ねるのが今のターゲットだ。寸胴体系